ヘルス&ビューティー情報

長いまつげによるトラブルの話

 

30代の女性です。私自身はごく普通の長さ・重さのまつげをしており、まつげが理由で何かのトラブルになった、ということはあまりありません。

 

ただ、旧友の一人に、非常にまつげの長い女性がいます。彼女は純日本人なのですが、一見エキゾチックにすら見える、非常にボリュームのあるまつげをしています。ある時ふざけてボールペンをまつげに載せたら、何と3本ものってしまったと言うから驚きです。

 

この伝説(?)を聞かされた時に、「長いまつげってうらやましいなあ。マスカラを塗ったりビューラーで押したり、そういう手間なんかいらないんでしょう?」と聞いてしまいました。すると彼女は顔を暗くして、「そうでもないの」と言います。

 

彼女の語るところによれば、そのまつげには少し癖があり、一部内側(つまり下方向へ)向かってカーブしているまつげがあるのだそうです。常に目に触れているわけではないのですが、何しろ下向きなので目に入りやすいのだそうです。

 

「眼球に違和感を感じることが時々ある。たいていは抜けたまつげがまぶたに入っている。」と言います。この下向きのまつげトラブルが原因なのか、彼女は小さい頃からかなり頻繁に結膜炎を起こしていたそうです。

 

「今でも、気を付けて毎日ビューラーでまつげを上げているし、目薬をまめにさしたりもしている。それでも、3か月に一度は結膜炎になってしまうからやりきれない」のだそうです。また、このまつげが心配でコンタクトレンズを試すのが怖い、とも言っていました。

 

美しく長いまつげの友人にも、こんな風にまつげの悩みがあったと知って私は衝撃を受けました。長いなりに、問題もまたあるのです。